ブブカの育毛剤で薄毛サヨナラ【髪の毛フサフサを目指す】

スーツの男性

AGAの対策方法

男性

血液をサラサラにする

髪の毛は皮膚の細胞が変化してできたもので、アミノ酸から出来ています。髪の毛は血液や酸素などの栄養分をもとにして成長します。頭皮に十分に血行が行き渡っていないと、発毛しにくくなり、抜け毛や薄毛に繋がります。血液がどろどろした状態だとスムーズに流れなくなり、末端まで血液が循環しなくなります。どろどろ血液は健康も損ないますが発毛環境も損なうので、健康と発毛のために血液をサラサラにすることが大切です。喫煙をすると血管が縮まり、血液が流れにくくなります。また、運動不足だと血液を心臓まで送る筋肉がうまく機能せず、それが血行不良、冷え症の原因のひとつとなります。喫煙を控えて適度に運動をすることで薄毛改善ができます。

ヘアサイクルを改善

髪の毛は「成長期」「退行期」「休止期」というサイクルを繰り返しています。このヘアサイクルが極端に乱れることで抜け毛が多くなり、AGAになります。AGAになる原因には、遺伝や男性ホルモンがあります。特にヘアサイクルに大きな影響を与えるのが男性ホルモンです。男性ホルモンが活性化されると成長期が短くなり、すぐに退行期と休止期になって抜け落ちていきます。薄毛を改善するにはAGA内服薬や外用薬が有効です。AGA内服薬はインターネットでも手に入ります。一か月分6千円〜8千円ほどで、飲むだけで薄毛が改善されます。外用薬にはミノキシジルがあります。ミノキシジルには血管を拡張する働きがあり、血液の循環をよくしてくれます。